スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pagetop

淡竹(はちく)

淡竹 はちく
20110614 001
ハチクの筍(タケノコ)は癖がなく、あく抜きをしなくても生でも食べられます。
天ぷらや煮物、そして缶詰のさばの水煮を入れた味噌仕立ての筍汁は美味い!


今日、職場の同僚からこの筍を頂きました。

話を聞くと・・・・・
北信州の小川村ではこの時期、竹林には毎日のように筍が頭を出し
地区の人たちは竹林の整備を兼ねて早朝から大忙しのようです。

職場からリュックに筍を詰め込みチャリで帰宅です。
途中、リュックからずれ落ちそうになり、何度も停車!
おまけに 重い!
110614_180114.jpg 110614_180124.jpg

帰宅後、さっそく皮むき。新鮮な中身がみずみずしい!
20110614 004 20110614 005

今日は筍汁で頂きました。(食べるのに夢中で写真は無し)
ごちそうさまでした!

さて小川村といえば、、、
毎年7月に行われる「実業団サイクルロードレース」の会場で
屈指のヒルクライムコースとしてファン注目コースです。
一昨年、昨年と観戦に行きましたが、今年は震災の影響?で
残念ながら中止が決定されたようです。
できれば今年はコース(びっくらんど小川~星と緑のロマン館)
を個人的にチャレンジしたいですね・・・・?辛そうです!
20100725 053 20100725 077
<写真は昨年の大会のもの>


「はちく」といえば「破竹」

破竹の勢い
中国の三国時代の末期、晋の軍司令官 杜預(とよ)が呉との
戦いで「我が軍には竹を裂くかのような勢いがある。」とたとえ
猛烈な勢いで呉の首都を陥落させた。
竹には一筋の割れ目を入れると一気に割れていく。ここから、
猛烈な勢いで進むことを「破竹の勢い」というようになったそうです。


筍汁に焼酎、そして小説「三国志」


今晩も 満足、満足!

スポンサーサイト

Pagetop

トラックバック

コメント

No title
おはようございます。

以前のネギに続いて、今度はタケノコですか~
この次はなに背負ってはしるんでしょうね。
さて?
スキー小僧さま
旬の野菜や山菜などなど・・・・・
我がリュックはまだまだ余裕ありますよ~

さあ、次は何を背負って走ろうか?

おじいさんは山から・・・・・

コメントの投稿

非公開コメント

Pagetop


プロフィール

ALLEZ

Author:ALLEZ
信州をロードバイクで走り回っているおじさんチャリダーです。休日には夫婦でサイクリング、そしてお寺巡りもやってます。ゆっくりマイペース!

最新記事

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

サイクルグッズ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。